· 

プロコーチ養成スクール 6か月間修了 ご支援に感謝

2018年10月から学び始めたプロコーチ養成スクールー「アナザーヒストリー」。

2018年10月3日のDay1(1日目)~3月17日 Day18(18日目)の18日間 田町駅前で学びました。

スクールは、10時開始で20時終了、昼食休憩1時間を除く、9時間学びます。

18日間で、延べ162時間。良く学びました。

 

プロコーチ養成スクールとして、私がアナザーヒストリーを選んだ理由です。

・アドラー心理学を主体にしているー私のワークショップ/研修にもアドラー心理学を取り入れていた

・座学ではなく、体験・実習が多い -大人の学びは体験が一番大切。見学を行ったあるスクールでは電話参加・1時間単位という便利さ・手軽さが魅力的でしたが、自分が参画する時間があまりにも少なく、コーチとしての実力をつけることは難しいと判断した

・修了するまでの要件が厳しいーコーチングを行う・コーチングを受けるというセッション数が定められており、必然的に様々な体験を自ら積み、実力を高めることができる

 

スクールの師匠 宮越大樹さん、先輩方がスクール生を支えるサポートパーソン、クラスにお越しいただいた卒業生の皆さん、そしてスクール同期の仲間、また家族の理解があり、完走・修了することが出来ました。

本当にありがとうございました。

日々の皆さんからのポジティブなフィードバック、勇気づけが大きな支えになりました。

推薦図書などコーチング・人材教育関連の書籍は42冊読めました。

書籍からも、大きな勇気づけをもらえました。

 

私のコーチングを受けていただいた方 6か月で延べ100人、正味60人の皆様。

とてもとても感謝しています。

その中で継続セッションを受けていただいた方は10名をこえ、継続で受けていただく方が増えています。

コーチング・セッションを受けていただいた方の明日が、少しでも楽しく、明るく、ご自身の目指すところに近づいていくこと、コーチングを受けた翌日から新しい小さな行動が始まっていくことを常に意識して取り組んでいます。

複数のクライアントが、期間の中での目的・目標を達成しました。また目的を見つけ、その目的達成に向け、マイルストーンを設けて、スモールステップを積み重ねています。

やるべきことと、やらなくてよいことが整理され、どんどん行動が進んでいきます。

 

人には、それぞれ大きな可能性があり、何歳からでも伸びるという信念をもっています。

ストレングスファインダーでは「個別化」といわれる強みであり、常にクライアントは価値ある人で、大きく伸びていくと信じてセッションに臨んでいます。

 

プロコーチ養成スクールの6か月間で、「コーチングは本当に凄い!」という体験を数多く積みました。私のこのブログ・ウエブサイトを実現できたことも、コーチングの成果です。

学ぶ中で障害が発生しましたが、それは必ず起こりうるものとして前向きに捉えて、障害にも取り組むことが出来ています。

新たな出会いや再会があり、それがクライアントの発展と自分の発展につながっています。

 

コーチングは全てに100%適用できるわけではないという意見やアドバイスをいただきますが、用い方によって必ずプラスの変化をもたらすことが出来ます。

 

コーチとして大切なこと。

学んだことは、「理論ースキルー身体能力ー在り方」。

この4つをコーチとして常に高めていくことです。

とくに「コーチとしての在り方」を常に意識し、高めていくことが一番大切だと感じています。

 

自分の力を信じ、クライアントの成長を信じ、自分の力をフルに発揮して、クライアントの皆様と接していきます。

 

平成という時代があと1か月で終わります。

新しい年号から、プロコーチとしての活動を本格化していきます。

コーチの養成にも取り組んでいきます。

 

体験コーチング 平成である4月末までのお申込みは無料で実施します。

 

お申込み、ご相談いただけると大変嬉しいです。