· 

対話型コミュニケーター&コーチ養成講座 企業向け 第2期が始まりました

先週、企業向けにお届けしている

「対話型コミュニケーター&コーチ養成講座 第2期」

がスタートしました。

 

第1期 14名に続いて、第2期は11名です。

自ら学びたいと応募してきた人たち。

 

企業が学ぶ場を提供していることも素晴らしいですし、

その学びの場に積極的に参加される人たちも素晴らしい。

 

第1回の講座は、

事前に菊岡と「体験コーチング」を経験しているものの、

初顔合わせであり、少々緊張されています。

 

緊張の中、スタートします。

 

緊張をほぐすためには、

講師の私が、失敗談を自己開示すること。

 

今は、プロコーチになり、

対話型コミュニケーター&コーチ養成講座を主宰していますが、

 

持ちネタの「キクオカ(聴く岡)」という名前だったのに

「聴けない岡」さん時代の話を行います。

 

誰でも、学んで実践すれば身につけることができる講座。

 

 

初回から、たくさんのワークを取り入れ、

メンバー同士の交流を深めるとともに、

自分の中のリソースに気づいていきます。

 

波紋のように、参加者の相互作用で、

気づきが広がっていきます。

 

 

参加者の感想です。

 

・あっという間の三時間でした。

・学び場って楽しいんですね。楽しい学びの場は初めてかもしれません。

・いろんな人と話しながら、聴くことの大切さがわかりました。

・コーチング、ティーチング、カウンセリングの違いと適用がわかりました。

 対話しながら学ぶことで理解が深まります。

・傾聴力、コロナの影響で対話の機会は減っていますが、

 オンラインなどで使っていきます。

 

 

全9回の講座がスタートしました。

受講生の成長が手にとってわかることが、

講師の楽しみでもあります。

 

誠心誠意で関わっていきます。