コーチング&勇気づけ · 12日 9月 2019年
1on1対話型コミュニケーション・レベルアップ講座での学びの一つ。 「なぜ」を聞くことの是非について。 「目的を聴く」と「原因を聞く」の違い。 原因を聞くは、 トヨタのなぜ5回で原因を追求し改善することが ビジネスパーソンの世界では、とても有名。 マネージャーは、「5回なぜを聞く」という”常識”に従って、 課題解決を行うときの原因・要因探しに 少なくとも、「3回はなぜを聞く」。 参加者の一人が、キャリアコンサルタントの学びを深めていて、 キャリアコンサルタントでも、なぜを聞かないようにしているとのこと。 どうして、なぜを繰り返し使わないのか?
コーチング&勇気づけ · 05日 9月 2019年
1on1対話型コミュニケーション・レベルアップ講座 6回目は、2つの目標設定について。 GROWモデルとWOOPモデルを、対話型コミュニケーションのテーマとして実施。 よく行われている目標設定と進捗のミーティングと、この対話型コミュニケーション講座の違いは何か? 一つは、スケーリングという手法を体験して自分の手の内に入れること。 もう一つは、今まで出来ていること=リソースをしっかり聴くことです。
コーチング&勇気づけ · 01日 8月 2019年
新しい活動のガイドラインが出て、「・・・してはいけない」「・・・は回答しない」という製薬会社の教育が始まって、社員が思考停止に陥っています。 また社員がそのような存在は顧客にとって必要な存在にならないとの危機感を抱いています。 私は、「・・・できない」「・・・しない」について、どの範囲であれば、「・・・できる」に変えて考えてみよう!と回答しています。 みんなで、「・・・は回答していいよね」「・・・の合併症はここまで話せるよね」などと考えて、出来ることを考えて、積極的に取り組んで欲しいと思います。 思考停止にならずに、考えれば、出来ることは沢山あります。 今まで以上に、出来るようになることが出てきます。 思考停止をうみ、自分たちの可能性を閉ざす教育ではなく、創造性を高めて、自分たちの価値を高めることに、もっと時間を作ってくれたら、社員も、顧客も、より幸せを感じる日々になるだろう!と感じています。
コーチング&勇気づけ · 02日 7月 2019年
コーチ仲間が、セミナー・ワークショップ(WS)を開きたい! どう創っていったらいいの? そんな疑問にお答えするため、「セミナー・WS」クリエーション講座を開催しました。 ご紹介した内容は、 ・セミナー・ワークショップの目指す姿 ・入りが大切 ・大人の講座の前提 ・大人の学び、身に付く学び方 ・人のタイプ別学びやすさ、自己タイプの測定 ・個々のプログラムの作り方 今まで、たくさんのオリジナルWSプログラムを創ってきました。 そもそも、私はWSプログラムを開発することが、新しく創ることが好きなのです。 新しいWS創り、クリエイティブな行動を、共に学ぶ時間を取れたことを、コーチ仲間に感謝しています。 このWSもどんどんブラッシュアップしていくぞ! そして、コーチ仲間が、学んだエッセンスを取り入れ、 素晴らしいワークショップを創り、実践し、アドラー心理学を主体とするコーチングを普及し、人が輝くチーム・組織・社会を創っていくことに貢献できればと思い、活動していきます。
コーチング&勇気づけ · 23日 6月 2019年
今回のテーマは、「自己成長を聴く、支援する」。 ほとんどの職場で、目標設定の個人面談、そのフォローアップの面談を行われていると考えます。 目標設定の面談と、コーチの在り方とスキルを活用する「対話型コミュニケーション」はどこが違うのでしょうか。 私が、まずお話ししたことは、 ・人が陥りがちなこと、そして無力感を感じやすいこと ・上位者がやりがちなこと です。 それは、 他人と比較する 遠い/大きな理想像を思い描く 未来のことが、すぐ出来て当たり前だと思う 現在の自分には、やり遂げる能力・リソースが殆どないと思う 従って、コーチは、スケーリングという手法を使って、現在の実力を見える化します。 次にやることは、出来ているところに焦点を当てます。 その人の出来ているところに先ずは目を向け、その事実を承認していきます。 承認することで、自己効力感が高まり、自己肯定感や所属感も高まりますね。 そして、現在出来ているところ、快適なゾーン(コンフォートゾーン)から、背伸びすればできるところ(ストレッチゾーン)を目指していきます。
コーチング&勇気づけ · 20日 6月 2019年
神楽坂朝活の講師として、3ヶ月目、3回目の登壇でした。 今回のテーマは「聴く力を高める」 私の主宰するKiku塾のメインテーマの一つである「聴く力を高め、輝く人・組織を創る」 そのものです。 聴く力を高めることの、誰にでもできる方法があり、最初のステップとして伝えています。 それは、”あいずち” ”あいずち”は、相手が話していることに反応していることです。 目の前の人に、「話していていいんだよ!」と、承認していることとお話しています。 同意でも、反対でもなく、承認 そう言っているんだな、ということです。 ”あいずち”の方法として、 ”愛のソナタ”をお話しします。 この承認方法で、朝活が盛り上がりました。
マーケティング&セールス · 11日 6月 2019年
主に製薬企業向けの専門誌である月刊ミクス6月号に、 連載記事が掲載されました。 タイトルは「いまだからこそMRの価値を高めよう」。 医療用医薬品の営業職であるMR(Medical Representative)の価値を高めることが、 より良い医療を適切にかつ迅速に普及していくことにつながると確信しています。 この提言を6回の連載でお伝えしていきます。 医療用医薬品の普及促進にとって大切なこと、 を多くの方に伝えたいと長年、思っていました。 この機会を与えていただいた皆様に、感謝、感謝です。
コーチング&勇気づけ · 05日 6月 2019年
今年(2019年)4月から、第3・第4水曜日の朝7時30分からの1時間、神楽坂朝活がスタートしました。 主催者は「ひとまちっくす神楽坂」さんです。 第3水曜日の朝を受け持ち、 「良い習慣を作るー人生を変える習慣のつくりかた」を4月・5月の2回にわたって、実施しました。 また、第4水曜日の志小田綾子(しこた あやこ)さんが行われる 「新しい季節!心と身体を整えよう!」コースに、参加しました。 それで、新しい習慣は、みんなに出来たの? 菊岡さん(マックさん)には、新しい習慣は出来たの? という疑問が湧いていませんか? タイトルで書いた「新しい2つの習慣」 一つ目は、朝活講師そのものです。これは月1回なので朝活講師は習慣とは言えないかもしれません。  朝活は、このブログや書評の原稿書き、朝の相互コーチングなど、実は種々やっています。 2つ目は、耳マッサージ。  日々の耳マッサージは、人生初の習慣です。 「良い習慣を作る」講師の面目を保つことができました。 あなたも、自分にとって手軽な新しい習慣を始めてみませんか。
コーチング&勇気づけ · 28日 5月 2019年
4月の1on1対話型コミュニケーション レベルアップ講座に引き続き、 2回目を、5月に実施しました。 その内容を報告します。 聴く力をアップして、輝く人・組織を創り出します。 また、聴く力をアップさせるトレーニングに加えて、 「1on1対話型コミュニケーションの設計図」をお示ししています。 6月も新しいテーマ「自己成長を聴く・支援する」を実施しますので、ぜひ、お越しください。
コーチング&勇気づけ · 21日 5月 2019年
メンタル面を学んでいます。 インナーゲーム(ティモシー・ガルウエイ)における意識(命令や考え)と無意識の役割、 キネシオティックスと心理との関係、ポジティブ思考と身体の動きとの関係などについて学び、実践する過程で理解が深まっています。 でも、それって本当?と試したくなる。 大人の学びは、「体験が大切!」と言っている自分としては、何としても体験したい。 そこで、もっともメンタルの影響があるという、ゴルフで、実証実験を行いました。 結果はブログで。

さらに表示する