コーチング&勇気づけ

コーチング&勇気づけ · 03日 2月 2020年
ライフワークとして取り組んできた 医療用医薬品の営業担当者MRのValue-up 価値向上と、 Y社時代に交流があった GEキャピタル(現在は三井住友ファイナンス・リース)のValue-up活動の類似性について記します。 T社の福岡支店長の時代に、 医療用医薬品の営業担当者MRの Value-up研究会を立ち上げました。 その意図は、われわれ製薬会社の社員は、医療機関を定期訪問し、多くの医療機関をみている。 医療機関は、それぞれ地域の患者さんのために様々な工夫を行なっている。 医療機関を訪問しているMRは、実は、医療機関の取り組みの素晴らしさを知っているし、その違いも知っている。 薬の情報提供と情報収集がMRの役割ですが、訪問している医療機関と、地域の患者さんに役立つ活動を行おう! 支店長が旗振りして様々な活動に取り組みました。 GEキャピタル社のValue-upは、 ワークアウトの取り組みを、GEキャピタルのサービスをご利用いただいている企業様(多くは中小企業)に、無償で研修サービスを行なっていらっしゃいました。 サービスご利用の企業様の繁栄が、GEキャピタルの繁栄に繋がります
コーチング&勇気づけ · 17日 1月 2020年
オセロゲームの1日=シロの石の位置」 1日の最初と、最後は、シロの石で終わる、ということを意味しています。 つまり、朝の始まりと、夜の終わりは、自分自身にとって、とても気持ちの良いことを行う、感じる、ということです。 1日の活動の中で、シロの石の時間、クロの石の時間、ほとんど100%の人がシロとクロの石が混じり合った1日になっています。 頻繁にシロとクロの時間が交互する一日があります。 穏やかなシロの石が敷き詰められることが多い1日があります。 一方で、クロの石が多い1日もあるでしょう。 シロとクロの石が、どのように混ざり合った1日であっても、朝の始まりと、夜の終わりがシロの石であれば、1日中を、シロの石にひっくり返すことが可能です。 あなたは、朝の始まりと、夜の終わりにシロいろの石、どんな行動を入れてどんな感情を抱くようにしていますか?
コーチング&勇気づけ · 08日 1月 2020年
2020年 新年にあたり、人が、自律自助で生きることを考えてみました。 自律とは、自分で自分を律すること。他人に振り回されず、自分をコントロールし自分のリズムを創っていくこと。 自助とは自分で自分を助けること、自分の力で自分の向上発展を遂げること。依存心を捨て、すべての自分の責任として対処していくこと。 人や環境のせいにせず、自分の最善を尽くすこと。 自分の天分を出来るだけ十分に発揮し実現すること。 最高の教育は日々の生活と仕事の中にある。 昨年から、週2回 15分、朝活コーチングと題して、コーチ仲間と朝の15分、お互いに相互コーチングを行っています。コーチを受ける時間はたったの5分。この5分で、1日がとても充実しています。1日を10点満点で終われるように、朝にコーチを受けてスタートします。週に2回、最良の1日に向かって過ごせます。 知識を持っていることが優位な時代から、知識を使って何ができるかが問われている時代に変わっています。 自律自助の力を高めるために、体験の場、学びの場、実践力を高める場が必須と考えています。Kiku塾では2020年、自律自助を高める大人の学びの場を提供します
コーチング&勇気づけ · 31日 12月 2019年
2019年 プロコーチとしても活動を始めましたが、一年間フルに自分にコーチがいて、一年間フルにコーチと共に歩んだのは、初めてのことです。 最初にコーチと共に歩んだのは、2010年 3か月という短期間、コーチがついてくれて、私の人の見方を変え、聴く力を高めてくれました。 2019年は、同期のコーチ仲間、先輩コーチ、お二人の専属コーチ、出版コーチ、Zoom講座のコーチ、朝活コーチなど、様々なコーチが、私に様々な刺激を与え、様々なことを引き出してくれました。 自分の価値観とその原体験の数々に気づき、過去の出来事の見方や意味づけが変わり、それが今までのやってきたこと、天から与えられた役割・使命と思い進めていることに繋がってきました。 成し遂げたい未来に向かって、小さな行動を続ける、わたしが以前から良くいうPDCAを小さく回して行った結果、多くの初めてのこともしっかり進めることができました。 多くの人が、可能であれば、 コーチと共に、数ヶ月や一年を歩き、自分で想像していた以上の成長に繋がっていくこと、輝く人になっていただくことがKiku塾の願いです。
コーチング&勇気づけ · 26日 12月 2019年
12月16日(月)に、母校である岐阜薬科大学で、ダイバーシティを踏まえた、リーダーシップ研修(ワークショップ)を実施してきました。 文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」”清流の国 輝くギフジョ 支援プロジェクト”という長い名前のプロジェクトでの1講座の実施でした。 参加者は約60名。 その反響が先日、戻ってきました。 とても嬉しい結果・反響でした。 結果と反響は、後程、ご披露するとして、良い結果になった要因を考えてみました。
コーチング&勇気づけ · 25日 12月 2019年
アーティストデートがピッタリという方に出会い、アーティストデートを勧めたところ、とても納得いただけました。 皆さん、アーティストデートってご存知ですか。 ジュリア・キャメロンが書いた「ずっとやりたかったことをやりなさい」に記載されている創造性を高めるおすすめの方法。 簡単にいうと、自分のアーティストに出会う、自分のやりたいことに2時間ほどを費やすこと。 具体的には、すきな音楽を聴く、演劇を見に行く、美術館に行く、 むかしやりたかった、あるいはやっていた、音楽や美術・工作など創造性を高めることをやり始める。 子供の頃は好きだったけど、何時の頃からか、学業や仕事に忙しく、自分に、やることを禁止あるいは抑制していたことをやってみることです。 正月休みに、私はアーティストデートをたくさん行う機会を設けました。あなたも、あなたの好きなアーティストデートを行ってみてはいかがでしょうか。 2020年は、週に1回、アーティストデートの時間を作っていこうと私は決心しています。あなたもアーティストデートの時間をつくってくれると嬉しいです。
コーチング&勇気づけ · 22日 12月 2019年
マヤ暦コーチングを受けてきました。感激体験の2時間です。 占いは見ない、信じない、自分で人生を切り開くんだ、と生きてきた私ですが、マヤ暦からの教えには、 納得することがとても多い。 今始めていることも、マヤ暦が示している私が持って生まれたものを活かして、私が築いてきた経験を活かして、大きく社会に貢献するものであることがわかりました。 自分で生きているようで、生かされて生きていることが、とてもとても納得する時間でした。 この時間も必要なときに、必要な人、必要なものに必ず出会う、大きな一つの出来事でした。 自分の持っているリソースを更に伸ばし、目一杯使って生きていくぞ!
コーチング&勇気づけ · 10日 12月 2019年
オンライン「対話型コミュニケーター&コーチ養成講座」がスタートしました。 参加者は14名。 対面では実施していましたが、オンライン講座の1期生です。 いずれも、これからの組織を引っ張っていく人材です。 講師としての願いは、講座の受講を通じて、プログラムで学び体験した内容を、一人一人が自分の現場で実施して、自分が輝き、周囲が輝くこと。 小さな実行/行動を行い、その体験から、考え・内省して、次の行動につながっていくこと。 ビジネスでいうと、小さなPDCAを、個人の出来る限りの高速で回転していくこと。 小さなPDCAは、講座中にも起きてきます。 1回目のオンライン講座の受講中に、参加者が、どんどん気づきを得て、そして、笑顔が溢れてきました。
コーチング&勇気づけ · 22日 11月 2019年
セミナー・ワークショップで良く質問を受けます。 「人に仕事がついています。役割分担をどうしたら良いでしょうか?」 対話型コミュニケーターとしてはどう取り組みましょう? 次のように考えてみました。 ・まずは、個人についているといわれている仕事を行っている人が、本当に満足しているかを確認する。 ・その人の成長を一緒に考える ・チーム全体、会社全体の成長のためにはどうしたら良いか一緒に考える ・チーム一人一人の成長への考えを持ち寄り、どのような役割分担、役割交替が良いかを話し合う 十分な対話は、人事上のトラブル発生も防げます。 まずは、現状を聴く対話から始めてみるのが良い、と答えています。
コーチング&勇気づけ · 13日 11月 2019年
先日、コーチングの師匠に、コーチングを実施しました。 師匠から、コーチング内容のアドバイスをいただく目的です。 終わった後に、よく出来ていたといわれたことが 「心が整ったこと、今ここにいる! という集中ができテーマに向き合えました」 何を行ったか? 簡単にいうと、腹式呼吸です。 私は楽器のサックスを習っていて、 良い音を出すためには、腹式呼吸が欠かせません。 サックスの先生から習った方法が 良い音を長く続ける腹式呼吸法。 コーチングの師匠に伝授して、気持ちを整えていただきました。

さらに表示する